母子健康手帳を上手く使いこなせていますか?

親の証

母子健康手帳は妊娠すると交付されるものということは知っていても、いつどのようにもらえるのか何のためにもらえるのかなど、詳しいことはわからないですよね。母子健康手帳は、妊婦中や出産後の赤ちゃんの発育、発達、健診などの情報が詰まったものです。ここでは、母子健康手帳に関する基本的なことから活用方法まで、母子健康手帳に関する疑問についてまとめました。

母子健康手帳の基礎知識

母子健康手帳はどのようなもので、いつ、どこで交付されるのでしょうか?ここでは母子手帳に関する基本的なことと、よくある疑問、その答えについて見ていきましょう。

母子健康手帳とは?

母子健康手帳とは、一般的に母子手帳と呼ばれています。赤ちゃんの情報を書き込める小さな冊子になります。

・・・・・・・・むかし話・・・・・・・・

母子健康手帳ははじまりは昭和17年にさかのぼります。当時は今と違って子供の成長記録という意味合いよりは、流産・死産・早産の防止と妊娠時に母体に異常がないかなどを調べるために交付されていたものでした。

その頃は妊婦さんを中心とした内容でしたが、昭和23年に入ってから赤ちゃん~幼児期を含むこととなり、母子手帳としての様式が定められました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在は、母子保健法第十六条により、市町村は、妊娠の届出をしたものに対し、母子健康手帳を交付しなければならないことを規定しているため、妊娠がわかった後に届け出をして、交付を受けることができます。

母子健康手帳には、妊娠している間の母体の経過や体重や血圧、浮腫、尿たんぱくの有無などの妊婦の健康状態、出産の際の様子や母体の経過、そして新生児から6歳になるまでの成長記録といったものが記載されていきます。

妊娠・出産・育児をこの1冊で記録する大切な手帳になります。

この記録を参考にお子さんの保健指導や健康診査が行われます。それと同時に、保健指導健康診査の結果予防接種の記録なども母子手帳に記入をしていきます。

例えば、夫や家族の転勤により、出産した場所とは違う場所に引っ越すことになり、そこで赤ちゃんが急病にかかってしまったとします。

そのような場合も、ママや赤ちゃんの様子を記録として母子手帳に残してあるため、それを元に治療を進めていくことができます。

お子さんの健康状態の記録を1冊で管理できるという点で、ママにとってもメリットといえるでしょう。

母子健康手帳の交付場所は?

母子手帳は住民票のある市区町村で妊娠の届出をした際に交付してもらうことがほとんどです。

保健センター市役所の窓口で交付してもらうことができますが、受付時間や担当窓口は各市区町村によって異なりますので、事前に市区町村のホームページ等で調べておけば、スムーズに手続きを進められるでしょう。

もし体調不良やひどいつわりなどの理由により自分でもらいに行けない場合は、代理人として家族や友人にもらいに行ってもらうことも基本的に可能です。委任状本人確認などが必要となりますので、その場合も市区町村に確認をしましょう。

母子健康手帳はいつ交付されるの?

母子手帳がいつもらえるかについては、明確な週数などは決まっていません。また、もらう日にちもご自身の都合の良い日で大丈夫です。

特に決まりはありませんが、早ければ妊娠6週頃、産婦人科で胎嚢(たいのう)と心拍を確認した後、窓口で妊娠の届出をした際に交付されます。

産婦人科を受診して医師や看護師の方から母子手帳をもらってくるようにと言う話があったら、交付をしてもらいに行きましょう。産婦人科の診察の際に心拍が確認できたけれど、何も言われなかったという方は、病院の看護師さんに確認をしてみてください。母子手帳には妊娠の経過を記入する項目もありますので、心拍確認ができたら、なるべく早めにもらっておくのが良いでしょう。

母子健康手帳の交付方法は?

各市区町村の担当窓口で、下記のものが必要です。

妊娠届出書(診断を受けた機関の診察券が必要な場合もあります)

個人番号カードまたは通知カード

妊婦の顔写真付き身分証明書(上記が個人番号カードであれば不要)

・委任状(妊婦本人が行けない場合)

・印鑑(委任状を用いる場合)

※身分証明書は写真付きの場合は1点でいいですが、健康保健証や住民票など写真の無い場合は2点必要になります

市区町村によって多少の違いはありますが、多くは上記のものが必要となります。この他にも必要なものがないかどうか、事前にお住まいの市区町村の窓口等に確認をしておくことをおすすめします。

よくある4つの質問

体調がすぐれず母子手帳を自分で取りに行けない! 母子手帳を無くしちゃった! などの場合はどのようにすればよいのでしょうか?

ここでは、そのような母子手帳の交付に関するよくある疑問について見ていきましょう。

Q1.代理人でも発行ができるの?

A:母子健康手帳は、基本的には代理人でも発行することができます

市区町村によっては手続き上難しいというところもありますので、ホームページや電話で確認しておくとよいでしょう。

また、代理の人に依頼する場合は、妊娠届出書に記載する事項(名前、住所、妊娠週数、出産予定日、受診の医療機関名など)を事前に記入しておく必要があるので、その準備もお忘れなく。

Q2.失くした場合、再発行はできる?

A:紛失した場合、再発行の手続きはできます

妊娠がわかってから子どもが6歳になるまでの約7年間という、長い期間にわたり母子手帳を使うことになるため、母子手帳を無くしてしまうということも起こり得ます。

そのような場合も、再発行の手続きはできますので安心してくださいね。しかし、再発行できる場所は自治体によって変わってくるため確認が必要です。これまでの母子手帳への記録については、医療機関に問い合わせれば再記入をお願いすることもできます。

Q3.双子の場合は2冊になるの?

A:母子健康手帳は赤ちゃん1人につき1冊になりますので、双子の場合は2冊の交付になります。

Q4.妊娠中の引っ越しの場合はどうすればいい?

A:基本的な内容は全国共通ですので、里帰り時や転居先でもそのまま同じものが使用できます

しかし、海外の場合は母子健康手帳がないという場合が多いですので、大使館で同様の制度がないか確認してみましょう。

母子健康手帳の活用

母子手帳の基本的な部分と交付までの流れを見てきました。では、交付された母子手帳をどのように活用し、活かしていけば良いのかをここから見ていきましょう。

母子健康手帳の目的とは?

上記でも触れていますが、母子健康手帳は、妊娠中のママの体重や血圧、浮腫、尿たんぱくの有無など健康状態の記録だけでなく、産まれた後の赤ちゃんの定期健診予防接種なども記録していくとても大切なものです。

また、産休に入る際には、母子健康手帳の必要部分のコピーを提出しなければならなかったり、お子さんが幼稚園や小学校へ入学する際に、出生時の情報を健康診断等の参考にされたりする場合もあるため、さまざまな面で必要になる重要なものでもあります。

妊娠中そして出産時、そしてお子さんが学校に入るころまでずっと活躍してくれる母子健康手帳は、ママと赤ちゃんの状態を見る指標であり、かけがえのない成長記録でもあります。

母子健康手帳の活用方法は?

保健センターや各市区町村の窓口で母子健康手帳を受け取ると、妊娠に関係した公的サービスの情報を得ることができます。 サービスの内容は市区町村によってさまざまですが、母子健康手帳と一緒に、健診が無料になる妊婦健康診査受診券補助券妊婦訪問指導のお知らせなど、行政のサービスを受ける際に必要な書類を母子手帳交付時に一緒に交付されることが多いです。

また、市区町村主催の母親学級両親学級などの情報も得ることができます。その他の行政サービスとして、離乳食を実際に試食しながら作り方を勉強するという講習会もあるようですので、ご自身の自治体ではどのようなサービスが受けられるのかをぜひ調べて見てください。

マタニティーの期間中、定期健診その他の検査母親学級歯科治療の時など、母子手帳に記載の情報はよく確認し、常に持ち歩いて医師や助産師などに必要事項を記入してもらいましょう。

外出時に何かあった場合も、母子手帳を携帯していれば今までの経過などがわかるため、適切な対応をしていただけるという安心感は絶対的なものです。お腹の赤ちゃんのため、家族のために、母子手帳をフル活用しましょう。

自分に合った使い方

最近では、さまざまなものが電子化されており、携帯やスマホで簡単に管理ができるようになっていますね。それは、母子手帳も例外ではありません。

母子健康手帳アプリの紹介と、そのメリットを見ていきます。

母子健康手帳アプリとは?

母子健康手帳がアプリと連携されている自治体では、母子手帳をアプリとして携帯でき、日々の変化や赤ちゃんの成長をわかりやすいデータやグラフで確認ができるのです。

紛失してしまったときや旅行などで手帳を持ち歩いていないときにもアプリで簡単に情報を持ち歩くことができます。

荷物が少なくなるという点でも、ママにとっては大きなメリットになりますし、より現代にマッチしている母子手帳ですね。ここからは母子健康手帳アプリのさまざまな魅力をご紹介していきます。

健康記録をデジタルで保管ができる

妊婦健診や出産した際の記録などをデジタルで保管することで、成長の度合いをグラフ化して見やすく確認することもできます。

赤ちゃんの変化を画像とリンクさせて記録することができるので、育児日記のような側面もあり大変に便利な役割を果たしてくれます。

情報が自治体や病院から届く

お住いの近くで現在流行している病気(食中毒やインフルエンザのように季節的なものもなど)や、初めてママになった方の悩みについてのコラムなどの情報がタイムリーに配信され、多くの不安を解消できるきっかけになるかもしれませんね。

給付される手当や、お子さんの予防接種を受ける時期など、管理が大変で忘れがちな情報もアプリで確認することができますので、お子さんの健康管理にも役立ちます。

役立つ情報がすぐに見られる

働いている、もしくは、働こうと考えているママが心配するのは、保活(保育園活動)のことですね。保活はいつからした方が良いのかといった情報や、妊娠中・育児中に便利なサービスや、データの紹介など、ほかにも役立つ情報がたくさんあります。

出産後も、子供の病気のことや、肌や体の様子離乳食の作り方など、このアプリから得られる情報はさまざまです。

まだまだ普及の途中段階ですが、多くのママにとってとても便利なツールなので、いち早くどの自治体でも利用できるようになってほしいですね。

まとめ

ここまで母子手帳の基本的なところから活用方法まで見てきましたが、さまざまな情報を得られるという点でも、万が一の時に母子の情報を共有できるという点でも、母子手帳は非常に大切なので、妊娠中は必ず持ち歩くようにしましょう。

電子化もされ、さらに便利に使いやすくなっている母子健康手帳。

記録媒体が変わっても、妊娠中のママの状態、お腹の赤ちゃんの成長記録、生まれてからの成長記録として大切に保管し続けたいですね。

いつか成長した子どもと母子手帳を一緒に見て、思い出話しをしていることを思い浮かべながら、色々なことを書き込むことたった一つの大切な手帳にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする