【立ち会い出産】こんなはずでは無かったと後悔しないための確認事項

立ち会い出産をお考えですか?

調査によると、パパの立ち会い出産が50%を超えるほど、最近では立ち会い出産が身近になってきました。(「母親が望む安全で満足な妊娠出産調査」より)

しかし感動的な赤ちゃんの誕生を分かち合えるすばらしい体験であるのと同時に、夫婦間で意見が分かれるということもしばしば。今回は、ママのお産に立ち会う際の注意点やみんなの本音をまとめてみました。

立会い出産は良いことだけ?

夫婦で子ども誕生の感動を分かち合いたいと誰しもが思っていることでしょう。陣痛時にも献身的なサポートで寄り添い、分娩室で共に赤ちゃんの誕生を迎える立ち会い出産。「忘れられない思い出になった」という意見もある一方で、「分娩室には誰にも入ってほしくない!」というママや「ドラマとは違う光景に耐えられなかった」と後悔するパパがいるのも事実です。

ここでは、立ち会い出産のメリットとデメリットをみてみましょう。

メリット

陣痛で不安な中、パパや家族がそばにいて支えてくれるという安心感は何物にも代えがたいメリットでしょう。医師や助産師さんには言いづらいことも頼めます。

また、夫婦で出産という一大イベントを乗り越えたことで、お互いに感謝する気持ちが生まれたり、パパが進んで子育てに参加してくれたり、子どもへの愛情が深まるといったメリットもあります。

デメリット

陣痛は今までに経験したことのないくらいの痛みを伴うものです。その苦しんでいる姿は男性にとって想像以上であり、気持ち悪くなったり倒れたりしてしまうといったパターンも中にはあるようです。

また、いつ終わるかわからない陣痛時間に疲れて「外で休んできてもいい?」などと無神経なことを言われたり、ひどいケースではママが陣痛で苦しんでいる中、スマートフォンでゲームをされたりといった場合もあり、出産後の夫婦関係を悪くしてしまう事もあります。

ママ自身のことでは、お産中の自分の言動や状態をとても恥ずかしく感じたり、全てを見られてしまった事による精神的なトラウマを抱えてしまったりする場合もあります。

立会いができない3つのケース

夫婦がいくら立ち会い出産を希望していたとしても、中には立ち会い出産を受け入れていない病院もあるようです。

ここでは、立ち会い出産が出来ない3つの場合をご紹介しますので、立ち会い出産を希望される方は十分にご注意いただき、産院を選んでいただければと思います。

病院が受け入れていない場合

病院により、立ち会い出産自体不可・分娩室の立ち会いは不可・子どもは立会い不可・ビデオ撮影は制限付きなど、さまざまな条件があります。始めから立ち会うことが決まっている場合は、病院選びの時に次の項目と合わせて必ず確認するようにしましょう。

医療処置が必要な場合

帝王切開の場合は立ち会い不可の病院もあります。帝王切開にはあらかじめ手術日が決まっている「予定帝王切開分娩」と経膣分娩中に母子の安全を考えて切り替える「緊急帝王切開分娩」がありますが、予定帝王切開分娩の場合は同意書にサインをすることで立ち会い出産を受け入れてくれる病院も増えてきています。

間に合わない場合

いつ陣痛が始まるのか、いつお産が終わるのかが分からないのが出産というものです。立ち会い出産を希望していても、経産婦さんでお産の進みが早い場合、里帰り出産で急いで駆けつけたものの間に合わない場合などがあります。

陣痛の開始からお産が終わるまでの間、お仕事をお休みする事ができるパパは少ないと思いますので、ここはできる限りの準備を整え、陣痛開始に備えておくしか無いかもれしれませんね。

パパや家族に望むこと

パパや家族に立ち会う気持ちがあっても、実際何をしてもらったらいいのでしょう?パパはしてあげられる事のイメージはできているでしょうか。

次はいざという時に困らないためのサポート方法や、準備した方が良いものを見ていきますので、パパや家族と十分に確認をしてください。

サポートとはどんなもの?

陣痛開始から赤ちゃんの誕生まで、サポート出来ることは数多くあります。ママによっても、その時々によっても、ママがしてほしいサポートは変わるかもしれませんので、ママの様子を伺いながら全力でサポートをしてあげてくださいね。

・手を握ったり汗を拭いたりして、励ましの声をかける。

・腰や背中など痛いところをさすってあげたり、つぼ押しの要領で腰を押してあげる。

・飲み物を飲ませてあげる。

・一緒に呼吸法を行う。

・お産をスムーズにするために散歩をする場合、支えながら一緒に歩く。

・体の向きを変え、楽な体勢になれるように支える。 

・赤ちゃんが出口付近に下り、いきみたくなる時に肛門付近を押してあげる。

・産まれてきた赤ちゃんや産声の撮影

準備するべきものは?

陣痛中は大量の汗をかく上、体力勝負です。撮影するためのビデオカメラに加えて、汗をふくタオルやうちわ、横になったままでも水分補給が出来るストローホッパーは必需品です。

あとは長時間の陣痛中にもエネルギー補給できるゼリー・プリン・バナナなど消化がよく食べやすいものもあると役立ちます。

つぼ押しのためにゴルフボールやテニスボールを準備するのも良いです。

立ち会う時の心構え

立ち会い出産でママのサポートをしようにも、パパが出産というものがどういうものなのか知っていなければ始まりません。夫婦で出産についての本を読んだり、病院や自治体で開催している両親学級に一緒に参加したりするなどして勉強しておきましょう。

ネットで検索をすることで、ある程度の疑問は解決できる時代ですが、我慢する事なく何でも話せる夫婦関係を日頃から築いておくことが、一番大切なことかもしれませんね。

先輩ママに聞く!立ち会い出産の本音

「立ち会い出産してよかった!」というママもいる一方で「こんなことなら立ち会いにしない方がよかった」と後悔しているママも少なからずいるようです。感じ方や考え方は人それぞれですが、経験者が感じたことを知ることで、立ち会い出産をより深く考えることにも繋がりますので、先輩ママの本音をいくつかご紹介します。

2人とも立ち会い出産でした。一人目の時は不器用ながらにも必死でサポートしてくれる夫の姿を見て一緒に出産を乗り越えた達成感がありました。2人目の時は経験を生かしピンポイントでマッサージしてくれて助かりました。

赤ちゃんが誕生した瞬間、あんなに感動している夫の姿を見られただけで幸せな気持ちになれました。計測中の赤ちゃんの様子まで記念に残せてよかったです。

必死だった陣痛中のことも今は懐かしく語り合える貴重な思い出です。

すごい血相をしている自分をパパに見られて恥ずかしかった。

陣痛で苦しんでいる時に携帯をいじったり、タバコ休憩をしに行ったり全然頼りにならなかった。助産師さんがいてくれればそれだけでよかった。

パパが立ち会い出産に間に合わず、義母が急遽立ち会うことに。実母でも嫌なのに空気を読んでほしかった。

などといった声があります。

パパにどれだけ関わってほしいか、誰に分娩室に入ってほしいのかなど、前もってバースプランをよく話し合い、病院側にも伝えておくことが必要ですね。 

まとめ

立ち会い出産といってもサポートの方法はさまざま。立会いをしない場合でも夫婦で出産を乗り越えたことは変わりませんし、妊娠中にも出来るサポートは数多くあります。するかしないかの選択は夫婦それぞれですが、お互いの気持ちをよく知った上で、後悔することのないお産を迎えたいですね。そのためにも普段から何でも言い合える関係を築いておくことが充実したお産をするポイントです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする