知れば安心お産の流れ。不安をなくすたった1つの捉え方

知らないことは誰でも不安

こんにちは、しおりです。
お産をもうすぐ迎える不安なママへ

赤ちゃんが居心地のよいママのお腹の中から外の世界に出るまでの道のりは約7㎝と短いものですが、お産はママと赤ちゃん双方にとって人生最大の大仕事かもしれません。

陣痛の痛みがよく分からずに不安に押しつぶされそうな初産婦ママも
あの痛みを思い出すと気持ちが沈みがちな経産婦ママも
お産の流れを追いながら赤ちゃんに会えるまでを具体的にイメージしてみましょう。

お産の流れ陣痛のはじまり

陣痛とはお産時に起こる子宮の収縮やそれにともなう痛みのことです。
子宮が収縮することで赤ちゃんはお腹の中で回りながら押し出されます。
そのため、子宮収縮(陣痛)がないと赤ちゃんは生まれることができません

臨月に入ると「前駆陣痛」と呼ばれる出産前に起こる子宮収縮がありますが、分娩時の陣痛とは区別されます。

本陣痛開始の定義は

1時間6回以上の陣痛 もしくは
間隔が10分以内の陣痛が6回以上続くこと

とされています。
途中で陣痛が来ない時間が10分以上に伸びる場合は陣痛開始とは言わないのです。

病院によっても異なりますが、一般的には陣痛の間隔が10分を切ったら連絡するということが多いようです。下の記事でも触れていますが、陣痛間隔を記録することができるアプリがありますので、自分に合ったものをあらかじめ用意しておくと良いかも知れませんね。

陣痛は大きく3つの期間に分けることができますので、ひとつずつ見ていきましょう。

分娩第1期 (開口期)

分娩第1期とは、陣痛が始まってから子宮口が10㎝(全開大)になるまでを言います。

そこに至るまでの平均時間は
初産婦10~12時間
経産婦4~6時間 と言われています。

始めのうちは陣痛の継続時間もあまり長くはないため、痛みがあっても会話ができるほど余裕があります。
しかし、徐々に長くなってくると、下腹部や腰などに激しい痛みが出てきます。

お産はとても長い戦いですので、この期間のうちに食事を取ったり、眠ったりなどして体力をしっかりとつけておきましょう!

とくに初産婦ママは、入院してから分娩までの間、陣痛室で過ごす時間がとても長くなります。不安を和らげリラックスできる自分なりの方法を考えておくことも大切です。
パパが付き添える場合は、一般的なサポートの方法を2人でシェアしておくと良いですね。

分娩第2期 (娩出期)

分娩第2期とは、子宮口が全開してから赤ちゃんが生まれるまでの期間です。

ここまでの平均時間は
初産婦2~3時間
経産婦1~1.5時間 と言われています。

陣痛室から分娩室へ移動し、お産の経過の中で一番つらい期間にあたりますが、
赤ちゃんとの対面まであと一歩という幸せな時間と捉えましょうね。

この頃から陣痛はいよいよ激しくなり、
吐き気や体の震えがくるママ
顔は火照っているのに、足が冷たいという感覚を持つママ
陣痛の合間に眠気を感じるママ
など、ママによりさまざまな症状が起こります。

呼吸は口をすぼめるようにして、
ゆっくりと吐く息にだけ集中して深い呼吸を続けます。

ママの身体はお産の準備が整っている状態なので、主治医や助産師さんの指示に従いながらいきみ始めましょう。いきみ方が分からなくても産院のスタッフさんの言うことをしっかりと聞いていれば何も心配はいりませんよ

分娩第3期 (後産期)

分娩第3期とは、赤ちゃんが生まれてからへその緒で繋がれていた胎盤が体外へ出るまでの期間です。

ここまでの平均時間は
初産婦15~30
経産婦10~20 と言われています。

赤ちゃんが生れると子宮は収縮し、「後産陣痛」と呼ばれる微弱陣痛が起こり胎盤が剥がれてくるのです。胎盤や卵膜が出てくると大きさや重さを計り、子宮内に残っていないかを確認します。卵膜や胎盤遺残があると、子宮回復の妨げとなったり、弛緩出血や感染症の原因となる恐れがあるためです。

特に何かをするということではなく、自然に胎盤が娩出されるのを待つだけです。

赤ちゃんが生まれた後、ママはそのまま分娩室で1~2時間安静にし、弛緩出血などがないかを観察します。その間に会陰切開の縫合や赤ちゃんの検査・処置などが行われます。

陣痛室での過ごしかた

リラックスの呼吸


子宮収縮による痛みがくると、どうしても呼吸が早くなり気持ちが焦ってしまいます。
ママの焦りは赤ちゃんにとってもよくないので、リラックスしましょう。

焦らず自然呼吸を心がけながら、自分の呼吸に意識を集中してください。
口をすぼめるように(「ふ」を発音するときの口)して
ゆっくりと吐く息にだけ集中して深い呼吸をするイメージです。

肩や体の力を抜き、緊張し過ぎずリラックスして過ごしましょうね。

運動と休息


陣痛の合間に部屋を歩いたり階段の上り下りをするなど、身体を動かすことでお産が進む可能性があります。子宮収縮時は前かがみの物に寄り掛かる姿勢になることで痛みを逃がすことができます。

運動と並行して、十分に休息をとり体力温存・回復することも大切です。
ベッドに横になることがつらい場合は
壁や手すりに寄り掛かかる
ラクな体勢でイスに座る
四つんばいの形でうつ伏せになる
パパにマッサージをしてもらう
など、その時に一番落ち着く姿勢を探しましょう!

収縮時は骨盤をリズミカルに前後左右にゆする動きや、
ゆっくり円を描くように動かすことで子宮の開口と胎児の下降が促進されます。
またこの動作は痛みを緩和する効果もありますので、ぜひ試してくださいね。
特に夜間の収縮の合間には目を閉じ、うとうとすることをオススメします。

水分と食事


「そんな余裕はない!」
というママもいるかもしれませんが、
「食欲がない」といって食事をしない人よりも
食事を少しでも食べるママの方がお産は進みやすくなります。

子宮は筋肉でできており、筋肉を動かすには糖が必要だからです。
お産はフルマラソンのように長時間に渡り疲労をするので体力勝負なのです。

お産が進むと吐き気を催すママもいますが、そうでなければなるべく食事を取るようにしてくださいね。
特にすぐに糖に代わるごはん類がおすすめです。
ストロー付きのペットボトルやお茶、ジュースなどを用意しておいても良いでしょう。

排尿・排便


赤ちゃんが産道を進んでくると、頻繁にトイレへ行きたくなります。尿・便が溜まっていると、赤ちゃんの通り道を狭めることになります。子宮収縮の合間にできる限りこまめに用を足すようにしましょう。

中にはお産の始まりから下痢気味のママもいます。
これは子宮収縮をさせているホルモンがお腹をゆるくするためです。

分娩と予備知識

分娩監視装置


お産の経過をチェックするために、入院すると随時装着する装置のことです。
2つのセンサーをベルトでお腹に固定します。

陣痛の強さと間隔を調べる:おへその上の方
赤ちゃんの心拍を調べる :おへその下の方

経過に異常がなければ途中で取り外すこともあるようですが、お産の進行を気をつけて見る必要がある場合は装着したまま過ごすことになります。
身動きが取りづらく少ししんどいこともありますが、安全にお産を進めたり、赤ちゃんに異常があった場合にすぐに対応できるためと考えると安心ですね。

陣痛促進薬


陣痛促進薬の目的としては、大きく二つがあります。
始まらない陣痛を誘発するため
弱い陣痛を促進するため

ひとつ目は、破水をしたにも関わらずなかなか陣痛が始まらず(目安は24時間)、感染を起こす恐れがある場合と、妊娠42週ほど(予定日を1〜2週間過ぎる頃)になっているのにお産の兆候がない場合です。
ふたつ目は、微弱陣痛が続き、ママの体力面や精神面の疲労が増えると、お腹の赤ちゃんも疲労してしまいます。そのため、分娩室で2時間経過しても分娩が進まない場合に使用が検討されるようです。

「自分の力だけで産みたい・・・!」
と考えるママもいらっしゃいます。

陣痛促進薬の使用に関しましては、必ず医師から事前説明があるので安心してください。
母子の状態などを考慮し、なぜ必要なのかを説明されてからの投与です。
分からないことや不安なことがあれば、全て質問しましょう。
お薬のタイプは経口薬と点滴の2種類があります。

分娩監視装置で陣痛の強さや間隔をチェックしながら投与量を決定し、無事にお産が進み始めると効果があったと言うことになります。
効果が出ない場合はいったん中止され、時間を開けて再開されるようですが、それでも効果が出ない場合や投与の続行が危険と判断されてしまうと帝王切開分娩となります。

会陰切開


会陰
(えいん)とは、膣や肛門周辺のことを言います。
赤ちゃんがだんだんと下におりて頭が出てくる際に、膣の入り口は大きく伸びる形になりますよね。この会陰の伸びは個人差が大きく、伸びにくいママの場合は赤ちゃんが物理的に出て来づらくなってしまします。

ひどい場合は、会陰が肛門付近まで避けてしまうことがあるよう。。。
想像しただけで背筋が凍ってしまいますよね。。。

自然に裂けてしまうと傷が深くなってしまうケースがあり、産後に外科的な処置が必要となってしまいます。当然傷口はきれいな切り傷ではないため、治りも遅くなります。

そのような事態を避けるための処置が会陰切開となります。
意図的に切開をすることで分娩を補助するということですね。切開に用いられるのは専用のハサミが多いようです。

会陰の伸びが悪い場合だけではなく、赤ちゃんの心拍の低下や、へその緒が首などに巻きついてしまうなど、一刻も早く赤ちゃんを取り出す必要がある時にも行われる処置です。

2割程度のママが会陰切開をしているようですが、切開時に痛みを感じるママはあまりいないようです。何の痛みや違和感なく済んだママもいれば、私のように縫合時の方が痛かったというママもいます。

局所麻酔をきちんとすることや、陣痛の波に合わせて切開をすることで、切開されたことにすら気づかないママもいるそうなので心配はいりませんよ。

赤ちゃんはもちろんのこと、ママの身体のことを考えた処置となりますので、恐怖が押し寄せる気持ちはものすごくわかりますが、あまり考えすぎてストレスを溜めないことが一番です!

お産のポイント

後ろ向きなお産の捉え方


出産への不安や恐怖心から
「もういやだっ!」
「だめだっ!」
と思うと全身の筋肉が固まってしまい、血流が悪くなります。

子宮を収縮させるオキシトシンというホルモンや、鎮静物質のエンドルフィンも分泌を妨げられて、お産は長引き痛みをさらに感じやすくなってしまいます。

また、緊張すると子宮口の開きも悪くなります。
呼吸は浅くなりママ自身が苦しいばかりでなく、おなかの赤ちゃんにも十分な酸素がいかないために同様に苦しい思いをさせてしまうのです。
このように後ろ向きの気持ちではまったくと言ってよいほど良いことはありません。

前向きなお産の捉え方


恐怖や痛みの中でも、陣痛の波がきたら
痛い」「怖い ではなく
もうすぐ赤ちゃんに会える!
と思いながら深い呼吸をします。

すると同じ陣痛の強さにも関わらず、不安や恐怖心ではない前向きな気持ちで子宮収縮と向き合うことができるのです。

自然と体の緊張が解けて子宮口が開き、お産が進みやすくなります。
リラックスしていると脳からモルヒネのような鎮静物質エンドルフィンが分泌されて痛みを和らげてくれるのです。

出産は神様から与えられたママにしかできない大仕事です。
どうして私だけっ!と考えてしまいますが、パパではなくママにしかできないことなのですよ。

まとめ

ここまで一通りの流れやポイントをお伝えしてきましたが、お産を迎えるにあたって最も大事なことはママ自身の自分が産む」という決意・思いです。

周りの医療スタッフはお産の手伝いをしてくれるのであって、産むのはママ自身であり、そんなママの1番の味方はパパなのです。

呼吸の仕方や運動、サポートなどについて、夫婦で出来ることを妊娠中から準備して、心身ともにお産に向けた体制を整えましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. まゆ より:

    陣痛で検索してここにきました。
    私ももうすぐ生まれるから、すごくわかりやすかったです。うまく言えないけど自分が頑張らないと!と思いました。ありがとうございました!!

    • mybabymama より:

      まゆ様
      コメントいただきありがとうございます^^
      少しでもお役に立てたのであればとても嬉しいです。
      不安も多いと思いますが、無事にお産を終えられることを祈っております。